金融安定性リスクの構成に影響を与え、一部のリスクを軽減し他のリスクを増加させる可能性がある

研究者は、パッシブ・ファンドへの大量の資金流入のリスクと利益を検証する。

アクティブ投資からパッシブ投資への移行は、金融市場や投資家にとってリスクがないわけではない。

最近更新された米ボストン地区連銀と米連邦準備理事会の報告書は、このシフトによる恩恵を認めている。金融市場の流動性を高め、償還リスクを軽減する一方で、コストを削減し、個人投資家の業績を改善する可能性がある。ほとんどのアクティブ・ファンドは長期的にはアウトパフォームしないからだ。しかし、研究者らは、受動的投資の成長も潜在的な危険をもたらすと警告している。