最悪のシナリオの場合、パフォーマンスの低下は15%以下になるだろう

アナリストらは、一部の発行体は他よりもリスクの高い債券ポートフォリオを保有していると指摘する。

「Moody’s Investors Service」の新たな分析によると、米国の多くの生命保険会社は低金利に対処するため、より低格付けで高給の債券や短期証券に投資しており、この戦略は景気が悪化すれば裏目に出る可能性がある。

(関連記事:生命保険会社の株式購入、規制当局が後押しか