不動産市場が調整されれば、景気後退や経済不安の影響を受けることはないだろう

多くの入札者が資産を追いかけている中で、リターンは縮小している。

ロンドンー誰も景気後退を期待していない。しかし、商業資産の価格を再設定すれば、オポチュニティゾーンファンド投資家は恩恵を受けることができる。期待収益率が15〜20%であるため、良い取引を見つけるのは容易ではない。

「オポチュニティファンドの人たちには参加して退出するモデルがある」とDLA PiperのGlobal Real Estate Practiceの共同議長であるJohn Sullivan氏は言う。「彼らは3〜5年を投資し、かなり健全なリターンを得て、彼らの持ち分を得ることができる」と続けた。