雇用主の意向と実際の行動には差があり、福利厚生の改善はまだ実現されていない部分も大きい

教育への取り組みは、もう少し関心が出るかもしれない。

米国の金融サービス会社は、401(k)プランやその他の確定拠出年金プランに生涯所得の選択肢を追加することに雇用主が関心を持つようにするため、多大な努力を払ってきた。

Transamerica Center for Retirement Studiesの新たな調査結果は、雇用主があまり興味を示していない可能性を示唆している。