社外役員・経営コンサル養成コース
●地域経済の発展と中小企業経営者を支援できる意欲ある有能なマネジメント人材を育成する
●ワンマン経営者との円滑な人間関係や意思決定手法、監督を学び、第二の職場業務の開拓と企業の生産性向上、地域経済の活性化、社会貢献を図る

※画像をクリックするとビジネス教育出版社に飛びます

3)企業周辺情報としてのRESAS・経済センサスの検討

(1)RESAS(地域経済分析システム)

最近では、経済産業省が旗振り役になって、RESAS(地域経済分析システム)の手法が、中小企業にも金融機関にも、定着しています。

これは、地域経済にかかわるさまざまなビッグデータ(企業間取引、人の流れ、人口動態、等)を収集し、わかりやすく「見える化(可視化)」したシステムです。
(参考)https://resas.go.jp/

このRESASでは、地域の産業、地域経済循環、農林水産業、観光、人口、消費、自治体間比較などを行うこともできます。これらの項目の比較を行うことで、対象企業の地域との関わりや影響を浮き彫りにすることもできます。