勤務時間の柔軟性と通勤時間が短いことは退職の決定要因として最も重要である

ある研究では、柔軟な勤務時間は、他のどの職業特性よりも、70歳を超えて働く労働者の傾向に関連していた。

「RAND American Life Panel」の50歳から79歳の労働者約2,000人が最近、退職年齢に影響する要因について調査された。

研究者らは、回答者の代替的な仕事から退職への道筋の評価、現在および希望する仕事の特徴、70歳を超えて働く主観的な確率、および特定の仕事の特徴が利用可能であれば行うことに焦点を当てた。