先週、Schwab、TD Ameritrade、E-Trade、Ally Financialが発表したように、金融サービス業界はFidelity Investmentsが株式、ETF、オプションのコミッション取引を廃止するのを待つ一方で、Fidelityは直接販売する529型貯蓄プランの多くで手数料を削減している。

10月1日より、フィデリティは529の年金ポートフォリオのうち15〜22のポートフォリオについて、アクティブ運用とパッシブインデックス運用の両方で手数料を引き下げた。削減の大半は1から2ベーシスポイント(1万分の1を1とする単位)だったが、保守的なフィデリティ指数529のファンドは5ベーシスポイントの削減となった。