景気後退に対する準備は、ファイナンシャル・アドバイザーと共に仕事を行っていない人と比べると30%近く差があることが明らかになった

「CFP Board」の調査によると、アドバイザーと一緒に仕事をしている人たちは、自分たちが景気後退に備えていると確信していることが明らかになった。

個人的なファイナンシャル・アドバイザーのための専門組織である「Certified Financial Planner Board of Standards」の木曜日に発表された調査によると、米国の成人の55%が来年は景気後退になると予想している。