元プライベートバンカーがFinTechベンチャーに転職〜実際に働いて感じたこと〜
(画像=ZUU)
高橋 知久
高橋 知久(たかはし・ともひさ)
中央大学卒。野村證券→クレディ・スイス→freee→Yappli。学生時代はアメリカンフットボール部。チームスポーツで、適所適材と戦略の重要性を学ぶ。新卒で野村證券に入社、1年目の新規営業の成果はほぼビリ。そこからウェルス・マネジメント部まで這い上がる。クレディ・スイス移籍後はプライベートバンカーとして富裕層の資産管理を行う。ITの世界に興味を持ち、freeeに転職。THE MODELの営業体制の中、インサイドセールス/フィールドセールス/カスタマーサクセスを経験。個人のブランド力を高めるためSNSでの発信、よりマーケティングに近い業界に身を置くためヤプリに入社。

こんにちは、高橋知久です。今回は、11年半勤めた金融業界→IT業界に転身した当時の話と今に至るまでの話になります。異業種へ転職した時に感じたこと、新しい環境でぶつかった壁、環境が変わったことによって新たに生まれた自分の価値観について3つのステージに分けて紹介させていただきます。

• 入ってすぐに感じた大企業とベンチャー企業の違い(初めてのベンチャー企業)
• 入った後にぶつかった壁について(業界の違いと対象先の違い)
• 自分の中での変化と次のステージについて(新しい環境での学びと目標の変化)

皆様の今後のキャリアを考える上で参考になれば幸いです。それでは参りましょう。

入ってすぐに感じた大企業とベンチャー企業の違い

異業種への転職は別世界に来たような感覚で、事前に想像を遥かに超えました。自分の今までの既成概念が壊れ、新しい価値感を手に入れることができました。(そう思うに至るまでには大きなギャップを受け入れる必要がありましたが笑)

特に違いを感じたのは以下の4点です。