鉱工業生産
(画像=PIXTA)

通商摩擦の激化もあり中国の生産は低水準に落ち込む――
米中貿易問題は解決の糸口が見えず、中国には厳しい環境が続く

10月に建国70年を迎えた中国の景気がさえない。8月の鉱工業生産は前年同月比4.4%増と、実に17年ぶりの低水準にとどまった。相次ぐ経済対策にもかかわらず、中国景気の鈍化に歯止めがかからないことが改めて明らかになった形だ。これまで新興国の雄として世界をけん引してきた中国経済は、着実に斜陽の時代を迎えつつある。