近代セールス
(画像=fotogestoeber/Shutterstock.com)

取引先から「すぐに融資してくれ」と言われて対応できない場合、返答に困ってしまいます。良い情報提供はできないでしょうか。

今回の内容を見て「なぜ、金融機関が『金融機関に頼らない資金調達方法』を伝えなければならないのか?」と思う担当者はいるだろう。だが実は、この情報を提供すれば融資案件の発掘も可能になるのだ。

ECサイトの売上データを活用する「トランザクションレンディング」や、会計情報で判断する「バランスシートレンディング」などのデータレンディングに共通するのは、申込みから資金化までが格段に速いことだ。

「予想外の出費が続いたので運転資金が足りない。すぐに貸してほしい」と相談された経験はないだろうか。だが金融機関の審査の性格上、「今日申込みを受けて明日実行」は難しい。やむを得ないとはいえ、断れば取引先は不満に思うだろう。

そこで効果的なのが、データレンディングの案内である。結果的に資金調達ができなかったとしても、役に立つ情報を伝えれば、「この担当者はいざというときに頼りになる」と感じてもらえ、取引先からの信頼感は大幅に増す。

クラウドファクタリング金融機関よりも貸出金利が高い点に注意