自分たちの価値観をポートフォリオに組み込みたいという多世代からの関与がみられる

彼らは、アドバイザーがどのようにして慈善目的の投資や社会的責任投資サービスを改善できるかについて議論した。

「Schwab Charitable」によると、環境、社会、ガバナンスへの投資への関心が高まるにつれ、今日のアドバイザリー企業の大多数が顧客に慈善目的の投資サービスを提供しているため、慈善プランニングを提供するだけでは真の差別化要因ではなくなっているという。

そのため、多くのアドバイザーは、より強固で専門的な慈善的、社会的に配慮したプランを構築することで、企業の差別化を図り、最終的にはプラクティスの拡大に役立つという。