「手数料ゼロ競争」は今後も拡大していくだろう

この動きは、インディー・チャネルや従業員チャネルの拡大ではなく、投資アドバイザー部門傘下のアドバイザーに影響する。

「Raymond James」はRIAに対し、株式、上場投資信託、オプションの取引が、手数料なしで有料口座でできるようになったと述べている。これにより同社は、競合相手の「Charles Schwab」「TD Ameritrade」「Fidelity」「E-Trade」などと対等の立場に立つことになる。