金銭
(画像=PIXTA)

会社の用件で来店したお客様にどうアプローチするか

会社関係の手続きのために来店するお客様も多いのですが、依頼された事務を処理する以外の対応ができません。せっかくのチャンスを活かしたいのですが、どうアプローチすればよいでしょうか?

金融機関の窓口には、小切手を含む入出金、手形の取立依頼、代金支払いのための送金・振込、従業員の給与振込――といった会社関係の手続きのために、法人取引先の役職員が来店することも少なくない。

こうした際の来店者は社長や経理部長のケースもあるが、若い経理担当者ということもある。つまり会社のためではあるが、日中(勤務時間中)に金融機関を訪れる資産形成層のお客様も相応にいるということだ。

「日中、自宅にお邪魔しても、資産形成層のお客様は仕事に行っていて不在→会社勤めのお客様に会うには勤務先に行くしかない→したがって、職域セールスが重要」というのが一般的な図式だが、お客様のほうから来店してくれることもあるわけだ。しかし、そのせっかくのチャンスが活かせていない――。