コールセンター
(画像=PIXTA)
こんなことで悩んでいませんか?
よどみなく話せているのにお客様の反応が悪い気がする…

電話セールスの成功率を上げるための重要なポイトに「一人ひとりのお客様に対して、いかに気持ちを込めて話せるか」があります。

経験を積んでいけば、トークスクリプト(台本)に沿った会話はスラスラと進められるようになります。しかし、流暢に言葉が出てきても、逆に気持ちの込もっていない機械的な言葉と受け止められてしまうこともあります。

聞き取りやすいだけで、右から左に流れてしまう「響かない言葉」になっては意味がありません。一言一句間違えずに話すことよりも、気持ちを込めて伝えるほうがお客様に響き、成約率も上がります。

そこで今回は、電話でのトークを「響く言葉」に変えるためのヒントをお伝えします。

「あなたのため」が「本物」に感じられた!?