近年、設立された財産は地理的な条件よりも特定の問題を重要視している

調査によると、新しい世代の人々は資金調達の優先順位と助成金の支給方法で際立っている。

「 National Center for Family Philanthropy(NCFP)」の新しい調査によると、米国の家族財団はより多くの資金を提供しているが、助成金は少なく、地元での寄付から公共政策問題への取り組みに重点を移している。また、インパクト投資の利用を倍増し、取締役会とスタッフの多様性と包括性を拡大しているという。