子どもから大人まで、誰でも楽しめるディズニーランド・リゾートの中で、最初に誕生したのが米国カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のアナハイムにある、カリフォルニアディズニーランド・リゾートです。パーク内には個性豊かなディズニー直営ホテルが3つあり、それぞれが特別な体験を提供しています。

ディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテル&スパ

カリフォルニア,ディズニーランド・リゾート,直営ホテル
(写真=David Tonelson/Shutterstock.com)

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク内にあるディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテル&スパは、ヴィクトリア朝様式の建築が印象的な高級ホテルです。中に入ると、6階まで吹き抜けの広々としたロビーが出迎えてくれます。パークへは専用ゲートで入場することができ、アクセスがもっとも容易なホテルです。

さまざまな癒やしのメニューを楽しめる「マンダラ・スパ」のほか、テーマパークの中にあるホテルとは思えないような本格派のレストランも人気です。カリフォルニア料理とソムリエおすすめのワインが自慢の「ナパ・ローズ」では、カリフォルニアの太陽をたっぷり浴びて育った食材を味わえます。ディズニーのキャラクターとのグリーティングも楽しめる「ストーリーテラー・カフェ」は、楽しい一日をスタートするための朝食にぴったりです。

ショップでは、このホテルでしか買えないオリジナルグッズも取り扱っています。パークのお土産だけでなく、ホテルの思い出になる一品を探してみましょう。

ディズニーランド・ホテル

1955年にオープンしたディズニーランド・ホテルは、メインホテルとして古くから愛されてきた、世界初のディズニー直営ホテルです。2012年に改装が行われ、ファンタジー・アドベンチャー・フロンティアと、開園当時の各ランドのテーマで分けられた3つのタワーで構成されています。

上品でモダンなホテル内にはディズニーらしい意匠が随所にちりばめられており、ミッキーをはじめとする人気キャラクターやプリンセスたちを部屋のあちらこちらで見つけることができます。ホテル内にはファミリーにぴったりの賑やかなレストランから、オリジナルのカクテルが楽しめるバーまで、4つの飲食店があります。

パークからホテルに向かう途中には、ショッピングに便利な「ダウンタウン・ディズニー」が、またホテルのエントランス前には映画『ファンタジア』でおなじみの魔法使いのとんがり帽子(ソーサラーハット)があり、ディズニーの夢から覚めることなく一日たっぷりと夢の国に浸れそうです。

ディズニー・パラダイス・ピア・ホテル

桟橋・波止場を表すピアという語を冠したディズニー・パラダイス・ピア・ホテルは、1920年代初期のパビリオンホテルのような雰囲気が魅力です。カジュアルながらも気品のあるホテルでは、サーファーに変身したグーフィーがゲストを迎えてくれます。直営ホテルの中で、もっともリーズナブルに滞在することができるホテルです。

海辺を思わせる客室はゆったりとした雰囲気で、ファミリーにもぴったりです。朝食時にキャラクターに会える「PCHグリル」は、ホテル宿泊者以外も利用でき、大人気です。

客室からはディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークの眺めを楽しんだり、夜のウォーター・ショー「ワールド・オブ・カラー」を観覧したりできます。さらにディズニーランド・パークで花火が上がるときには、ホテルのプールエリアから鑑賞することも可能です。季節によっては、屋上プールでスペシャルドリンクや軽食をお供に、のんびり日光浴も楽しめます。

せっかく泊まるなら直営ホテルへ

各ホテルはパークのトゥモローランドとモノレールで直結しているため、遊び疲れた夜や一番乗りで遊びたい朝も便利です。世界中のディズニーファンの憧れであるディズニーランド・リゾートの始まりの地を訪れる際には、直営ホテルを利用してみませんか。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万の生活は思ったより地味?年収2,000万円の壁とは
50代男性が始めておきたい、素敵な休日を過ごすための趣味5選
独身・年収1,000万円、資産もそこそこ。「お金の悩みは無い」人が考えるべきこと
貯まったマイルでできること。非日常を体験するANAマイルの使い方
スキル3つで新しい価値を創造!100万分の1の人材になる方法