最近、ESG投資という言葉がよく聞かれるようになりました。

以前にも似たような投資が流行ったことがありますが、消えています。今回は、以前とは違うかもしれません。

そもそもESG投資とは何でしょうか?

E=Environment(環境)、S=Social(社会)、G=Governance(企業統治)に配慮している企業を重視・選別して行う投資です。

投資
(画像=Getty Images)

環境では、地球温暖化対策(二酸化炭素排出量が少ない、環境への負荷が小さいなど)や生物多様性の保護活動、社会では人権への対応や地域貢献活動、企業統治では、法令順守はもちろんのこと、不正が起きないような仕組みがとられているか、社外取締役の独立性や、情報開示などを重視します。

国連が2006年に責任投資原則(PRI:Principles for Responsible Investment)を投資家がとるべき行動として打ち出したところから始まっています。

ここ数年、地球温暖化問題や、世間を騒がす企業の不正事件などもあり、関心がより高くなってきています。

企業の本来の目的が収益を上げることにあるとしても、それによって環境破壊が進んだり、社会に悪影響を与えたり、不正が起きてしまっていては、その企業の存続自体も危うくなります。

長期に安定的に成長していくためには、環境・社会・企業統治への配慮が必要です。

企業が自ら変わるのが難しいのであれば、その所有者である株主=投資家がそれを企業に要請することによってそれを達成することが必要、ということから、投資家が短期の利益だけを追求するのではなく、責任ある投資家として行動しましょう、という理念が打ち出された、ということです。

この流れを更に進めたのが、世界一大きいファンドである、日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF:Government Pension Investment Fund)が、ESG投資に本格的に取り組み始めたことがあります。

ESG投資の効果は、単年で出るものではなく、10年、20年あるいは50年、100年先に出るものかもしれません。そして、その効果が明確に見えるものではないかもしれません。

GPIFの場合、159兆円以上の運用資金がありますが、これは、現在の年金制度を100年安定的に維持するためのバッファーです。

そもそも、日本の公的年金は積み立て方式ではなく、賦課方式で、現役世代が払った保険料が受給者に支払われる形です。いわば税金。

少子高齢化が進むと、現役世代の負担が重くなるのを少しでも和らげるためのバッファーがGPIFの資金だと考えていただければ良いかと思います。

したがって、GPIFの運用が100年先を見据えた、超長期の運用という建付けになっています。そういう意味で、ESG投資と親和性が高いです。

超長期的視点に立つ運用なので、投資ホライズンがGPIFほど長くない投資家はどう考えるべきかという問題も起きてきています。

様々な学術的研究がなされていますが、ESG投資が、リターン面で優れているという結論は出しにくい状況が続いています。

ESG的に良い企業、良くない企業が業種で偏っていたり、あるいは、ESG的に優等生はどうしても大型の優良企業に偏りがちであったりします。

ESGに優秀だからパフォーマンスが良いのか、大型優良銘柄だからパフォーマンスが良いのかの区別がつきにくいのが現状です。

また、ESG的に優良な企業が更に優良になることよりも、今は優良ではない企業が少しでも改善していく方が、社会的なインパクトとしては、よりプラスではないかと思われます。

ESG投資は、理念は立派なのですが、実際にリターンを犠牲にせずにやろうとすると、なかなか難しい問題が多いです。

また長期的には見返りがあるとしても、見えにくいです。

欧州の機関投資家やGPIFをはじめとする公的年金がESG投資に力を入れ始めたことで、そうした投資家からの資金を預かって運用する投資顧問会社がESGを取り入れた運用を多数開発してきています。(なんちゃってESGが多いのも確かですが)

ESGが企業の行動を変えることが目的となっていることから、基本的には株式の中での話が中心です。

最近では、グリーンボンドという債券も発行されてきています。

地球温暖化対策や再生可能エネルギーなど、環境分野への特定の取り組みへの目的が特定された資金を調達するために発行される債券のことです。

2008年に国際復興開発銀行(IBRD)が初めて発行して以来、徐々に広がってきています。

選択肢が増えることはとても良いことですね。

資金の出し手である年金基金などが変わり始めたため、運用機関もビジネスを取るためにも、ESG投資戦略を開発してきています。

資金の出し手である投資家が変わると、運用会社も、そして企業も徐々に変わっていきます。それが少しずつ見え始めているのが現在の状況かと思います。

自分の投資が社会の役に立つ投資であり、そのうえ、投資のリターンも得られればもっと良いという、というその理念に賛同される個人投資家の方も多いかと思います。

自分の投資がどういった分野で社会・地球環境などの役に立っているのかの意識を持ちやすいように、今では、気候変動をテーマとしたもの、医療をテーマにしたもの、水や食(農業)などにテーマを絞った投資信託などいろいろあります。

自分の関心の深いテーマでESG投資をしてはいかがでしょうか?

ESG投資をする人が増えれば、ESGが株価を上げるテーマにもなりうることになり、より多くの企業がESGを意識して行動するようになっていくことと思います。

投資家として自分の投資が社会をより良い方向に向かわせていると考えると楽しいですね。(提供: The Motley Fool Japan


記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。