住宅ローン相談とお悩み解決マニュアル
これから住宅ローンの利用を考えている方や、すでにローンを組んでいて見直しを考えている方、また金融機関のローン担当者のために、知っておきたい住宅ローンの基礎知識と、上手な借り方・返し方・見直し方など、購入前も購入後も押さえておきたいお悩みポイント・解決方法を詳説。実務に役立つ資料も多数掲載

※画像をクリックするとビジネス教育出版社に飛びます

(1)公的制度

高齢者が、所有する住宅を担保に融資を受け、死亡時に一括返済する制度で、生存中は利息のみ支払い、死亡時に元本を一括返済する形が一般的です。1981年に武蔵野市等の自治体が老後生活費支援の一環としてスタート、バブル期には信託銀行が導入しましたが、不動産価額の下落により制度維持が困難となり銀行は取扱いを中止しました。

一方、ますます進行する高齢化を背景に、2002年に低所得高齢者向けの支援制度として、国の「長期生活支援資金貸付制度」がスタートし、都道府県社会福祉協議会を実施主体として運営されています。

2016年に国土交通省が策定した今後10年の新たな「住生活基本計画」では、高齢者が自立して暮らすことができる住生活を実現するために、「バリアフリー化」、「サービス付き高齢者向け住宅等の供給促進」と並んで、「リバースモーゲージの普及」も目標に掲げられています。

(2)民間制度