投資信託の資料活用&説明トーク
(画像=designer491/Shutterstock.com)

リートファンドは、リートを組み入れるファンドオブファンズ(ファンドに投資するファンド)です。お客様に説明する際には、リート(REIT)が生まれた経緯や、リートの仕組み・特徴について丁寧に説明することが重要です。

リートとは、不動産投資信託(Real Estate Investment Trust)の略称で、不動産に投資する投資信託のことをいいます。

不動産は、昔から株式や債券と並んで主要な投資対象として知られています。しかし、個人投資家が不動産に投資するには様々な制約があり、身近な投資対象ではありませんでした。そこで、不動産投資を身近なものにしようと考え出された金融商品がリートです。

リートは、投資家から集めた資金をオフィスビルやマンシン、商業施設、医療施設などの不動産に投資します。一般の不動産投資と異なり、一般的に複数の不動産に投資しているので、投資先を分散させることができます(サンプル)。投資する不動産の賃貸収入や物件の売却益などにより収益をあげます。投資家には、その収益から配当金が支払われます。

投資信託の資料活用&説明トーク
(画像=バンクビジネス)

リートには、海外の不動産に投資するものと、日本の不動産に投資するものがあります。日本の不動産に投資するものは、海外のリートと区別して「J・REIT」と呼ばれます。「リートファンドに投資する」ということは、リートに投資することになり、「間接的に様々な不動産のオーナーになる」ことと似た効果が期待できます。

比較的高い利回りが期待できる