今すぐ使える!保険商品の説明ノウハウ
(画像=Rawpixel.com/Shutterstock.com)

生命保険のメリットはいくつかありますが、中でも相続税軽減効果はお客様の関心が高いものの1つです。ここでいう相続税軽減効果とは、相続税法12条に規定されている、「受取人が法定相続人になっている死亡保険金にかかる相続税の非課税枠(非課税限度額)」を指します。これは、契約者=被保険者=被相続人の場合に適用されます。

死亡保険金の非課税限度額は、「法定相続人の数×500万円」と定められています。例えば法定相続人が3人いる場合には、非課税限度額は3人×500万円=1500万円です。

これは、納付する相続税が1500万円安くなるのではなく、相続税の課税対象となる死亡保険金の1500万円分が非課税になるということです。

相続税上大きく軽減効果が見込める