「自分が相続人になって初めて、故人に借金があったことを知った」ということが少なくないものです。このような場合でも必ず相続しなければならないのは、相続人にとってとても酷なことです。

今回は、借金をひきつがないための「相続放棄」の仕方について、詳しくご説明していきます。


相続放棄とは

相続人になったら、まず決めなければならないことは、ずばり「相続するか」「相続しないか」です。そして、「相続しない」と判断した場合は、相続放棄の手続きをすることになります。今回は、この相続放棄について、詳しくご説明致します。

相続放棄とは、亡くなった方の預貯金や不動産などのプラスの遺産だけでなく、借金などのマイナスの遺産も一切ひきつがないとすることです。つまり、プラスの遺産より借金などのマイナスの遺産が多い場合は、相続放棄の手続きをした方がよいということになります。


相続放棄のメリット

相続放棄の最大のメリットは、故人の代わりに借金を払う必要がなくなることです。相続放棄をすると、最初から相続人ではなかったとみなされますので、債権者から返済をせまられた場合でも、拒否することができるのです。

相続放棄のデメリットとしては、借金などをひきつがない代わりに、預貯金や不動産などの一切の遺産を放棄しなければならないことです。もし、相続放棄の手続きをしたあとに、借金の額以上にプラスの財産があることがわかっても、相続放棄を取り消すことはできません。 つまり、相続放棄をするかどうかを決める場合には、マイナスの財産とプラスの財産を正確に把握することが重要になります。