「自分が相続人になって初めて、故人に借金があったことを知った」ということが少なくないものです。このような場合でも必ず相続しなければならないのは、相続人にとってとても酷なことです。

今回は、借金をひきつがないための「相続放棄」の仕方について、詳しくご説明していきます。