個人の金融満足度は高いが、経済は循環的であることを念頭に置いたほうがよい

同グループによると、今年は「財政的負担」が三四半期連続で減少した。

米国公認会計士協会(AICPA)によると、平均的な米国人は、経済的に健全な感覚を強く持っているはずだという。