大統領選挙以来、個人の経済状態は良くなったと言う人が増えている一方で、有権者は医療の改善を求めている

「Bankrate」の調査によると、経済専門家はほとんどのアメリカ人が2017年よりも経済的に豊かになるべきだと考えているが、ほとんどは当てはまらないという。

2020年の米大統領選挙から1年間、平均的な米国人と専門家は、今後数カ月以内に明らかになる主要な経済問題について意見が一致していないことが「Bankrate」の新たな世論調査で明らかになった。