ESG基準を用いて投資を選別する責任投資への転換が進んでおり、米中貿易戦争やブレグジットなど、投資家は世界的な経済変化に直面している

最新の「Global Liquidity PeerView Survey」によると、シニアの現金投資家の4分の3は、安定したMMFへの投資を継続する計画である。

JPモルガン・アセット・マネジメントによると、金融市場が進化し続ける中、マネー・マーケット・ファンド(MMF)の需要は引き続き堅調で、投資家の多くが環境、社会、ガバナンスの基準を組み入れて投資を選別している。