従業員,独立,のれん分け
(画像=Pixel-Shot/Shutterstock.com)

Q4 個人開業やフランチャイズのメリット・デメリットは?

A 個人開業は資金が必要、フランチャイズは利益が得づらい等がある

個人開業のメリットとしては、経営者が事業内容、経営方針等を自由に決められる、営業時間や取引先の束縛がない──といったことがある。

しかし開業当初は資金・ノウハウが不足している、取引先を開拓しないといけない、人材採用・資金調達において開業当初は企業の信用力がないため苦労する、収益があがる仕組みができるまでに時間がかかる──といったデメリットがある。

一方、フランチャイズは初心者でも始められる、マニュアルがある、仕入先・取引先を本部(フランチャイザー)が提供してくれる──といった点がメリットだ。デメリットとしては、本部への加盟金・ロイヤリティの支払いがある、大きな利益は得づらい、マニュアルを遵守しないといけない、自由に契約内容を変更できない──といった点が挙げられる。

長所短所を踏まえて検討