米国,ホリデー
(画像=Pressmaster/Shutterstock.com)

景気の動向を占ううえで注目される米国のホリデー商戦。ただ商戦期間は分散化傾向にあり、前後を含め実態を見る必要がある

米国では毎年11月の第4木曜日が感謝祭の祝日と定められている。その翌金曜日(ブラックフライデー:黒字の金曜日)からクリスマス頃まではホリデー商戦期間と位置付けられ、1年の中で米国の消費が最も盛り上がりを見せる。米国の個人消費はGDPの約7割を占めるだけに、景気を占ううえでその動向が大いに注目される。