渉外,リーダー
(画像=Jirsak/Shutterstock.com)

「インターネットで様々な情報を得て自由に金融機関を選べる時代ですから、お客様に心から『福井銀行に行きたい、利用したい』と思っていただくことを目指しています」

このように語るのは、福井銀行今市(いまいち)支店の西澤悠子さんだ。今市支店は、福井市南部の郊外を営業エリアとしている。眼鏡や自動車に関連する企業が立地しているものの、店舗周辺に見えるのは田畑とその農家が多く、金融機関にとってのマーケットが大きいとは言い難い。

だが、西澤さんは前向きに業務に取り組み、今市支店の取引深耕を実現している。常に心がけるのは、その場限りの営業ではなくお客様に継続的に利用してもらうということ。その取組みを以下にご紹介しよう。

手続きで済まさず背景まで聞き取る