現場,悩み,本質
(画像=canadastock/Shutterstock.com)

リレバンとメインバンク・システムは似て非なるもの

企業との密接な関係を重視する「リレーションシップ・バンキング」が語られるとき、メインバンク制が例として挙げられます。どんな仕組みでリレバンとどう違うのでしょうか。

「リレバンで稼げるか」という問題について、前回は欧米の論文群は実証しておらず、日本で「稼げる」とするのは過剰な解釈あるいは政策的誤読であることを示した。

この過剰な解釈の背景にあるのが、日本独自の「メインバンク・システム」だ。リレバンと似ているが、実体は異なると筆者は考える。今回は、米スタンフォード大学名誉教授・経済学者であった故・青木昌彦氏のメインバンク・システム論を参考に、日本に根付いたメインバンクの仕組みを説明したい。

企業金融を支えた3層構造