栄養バランスの取れた食事を手軽に摂取できる、完全栄養食というものをご存じでしょうか。近年、日本でもベースフード株式会社の「BASE FOOD®」や日清食品株式会社の「All-in PASTA」が発売されるなど、注目を集めているキーワードです。今回は2019年4月に日本に初上陸した、イギリス発の完全栄養食「Huel®(ヒュエル)」をご紹介します。

世界中で選ばれている「Huel®」

イギリス発,完全栄養食,Huel
(写真=Huel®より)

2015年にイギリスで誕生したHuel®は、人間に必要な栄養素(英国およびEUの基準による)が含まれた栄養食品です。タンパク質、必須脂肪酸、ミネラル、食物繊維、そして26種のビタミンすべてを、完璧なバランスでドリンクに配合しています。その手軽さとヘルシーさが人気を呼び、現在では世界80ヵ国で5,000万食以上の販売実績へと成長しました。

おいしいものが簡単に手に入る現在、世界では成人の8人に1人が肥満とされ、栄養状態に問題がある人は増加傾向です。また国連でも取り上げられ環境への影響か憂慮されているプラスチックごみおよび食品ロスも、私たちが取り組むべき身近かつ世界的な問題です。ファストフードをはじめとする食料品を生産・購入することで多く排出されるプラスチックごみを削減し、摂りすぎているカロリーをセーブするための手段としても、Huel®のような完全栄養食を選ぶ人が増えてきているといえるでしょう。

完全栄養食とは

そもそも完全栄養食とは、どういったものを指すのでしょうか。

完全栄養食は、完全食や完全栄養代替食とも呼ばれ、人間が健康に生活するために欠かせない必須栄養素のすべてを、ベストなバランスで配合した食品のことを指します。Huel®に代表されるドリンクタイプもあれば、より食事に近いパンやパスタ、お菓子感覚で食べられるグミもあり、そのバリエーションはさまざまです。

従来の食事を完全栄養食に置き換えることにより、手軽に食生活を改善することができます。健康的な食事を取りたいけれどもきちんとした自炊は面倒な人、体重や体調が気になる人、そして食事を取る時間を短縮したい人におすすめのアイテムです。

Huel®のメリット

イギリス発,完全栄養食,Huel
(写真=Huel®より)

多くの人に支持されているHuel®には、さまざまな魅力があります。

食事の時間を短縮できる

完全栄養食を食事として摂る場合、主菜・副菜といった献立を考える必要がありません。特に、富裕層・ビジネスマンにとっては、ランチなどの食事をとる時間でさえ貴重なこともあるでしょう。Huel®は、時間のない朝や仕事の昼休み、また夜遅く帰ってきた際の食事にも役立ちます。水に溶かす粉末タイプと、ボトル入りドリンクタイプの2種類を日本で発売しています。短時間での栄養補給が可能で、買い物やたくさんの食器洗いも不要です。忙しく、食事に気を配れないビジネスマンの健康サポートとして検討するのも良いでしょう。

動物性食品を含まず環境に優しい

昨今、世界的なブランド、富裕層、著名人も環境や社会に配慮することの大切さをチャリティや啓蒙活動等で唱えている方も多くいます。エシカル食品メーカーであるHuel®の全商品は、環境・社会に配慮したサスティナブルな素材を採用し、動物性の原料を使わずに作られています。

Huel®は、ゼロ食料廃棄を掲げて、1年間の長期保存ができるようになっています。さらに、無駄のない梱包材を使うなど、環境への影響をなるべく小さく抑える取り組みを行っています。また、利益全体の1%はチャリティーに寄付され、母子の栄養に問題を抱える国々のサポートに役立てられます。

好みの味で楽しめる自由度の高さ

Huel®は味をカスタマイズできるのも特長です。バニラやベリーといった味を選べるほか、粉末タイプは専用フレーバー「Huel® Flavor Boosts」を加えることで、さらに11種類の味を楽しむことができます。粉末タイプのHuel®は、コーヒーなど好みのドリンクに溶かして飲むことも可能。ビジネスマンの中には、健康意識の一環として、筋力トレーニングや、食事制限などを行なっている方も少なくありません。その際、糖質制限や、グルテンフリーの食事を意識されている方にも嬉しい粉末タイプのグルテンフリー版も用意されています。

理想のボディは完全栄養食で手に入れよう

Huel®は定期購入の場合、1食193円からとリーズナブルに始められる完全栄養食です。「健康的な体づくりのためにはバランスの取れた食事が大切だ」と理解していても、栄養を考えて毎食手作りするのは大変な労力と時間を費やします。忙しい毎日の中でも手軽に摂取できるHuel®を上手に取り入れて、健康的な生活、食事に役立てましょう。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万の生活は思ったより地味?年収2,000万円の壁とは
50代男性が始めておきたい、素敵な休日を過ごすための趣味5選
独身・年収1,000万円、資産もそこそこ。「お金の悩みは無い」人が考えるべきこと
貯まったマイルでできること。非日常を体験するANAマイルの使い方
スキル3つで新しい価値を創造!100万分の1の人材になる方法