ミューチュアル・ファンドの「合理化」は、商品のコモディティ化と流通業者による商品プラットフォームのスリム化から生じている

ミューチュアルファンドの数は、この4年間で最大の減少に向かっていると、Cerulliは報告している。

「Cerulli Associates」の新しい報告書は、ミューチュアルファンドとETFの違いを示している。

ミューチュアルファンドの数はこの4年間で最大の減少を経験する軌道に乗っているが、ETFの数はその逆の方向に向かっている。

Cerulliの報告書によると、今年第2四半期までに107のミューチュアル・ファンドが消滅したが、これはファンドの解約・合併件数が、市場にもたらされた新規件数を上回ったためである。これは、2016年、2017年、2018年のすべてで消滅したミューチャル・ファンドの純増数である74から97をはるかに上回る。