SRIポートフォリオのパフォーマンスをより高めるためには、根本的なファンドのコストを見直さなければならない

最新の「Robo Report」によると、少なくとも1年間運用されているSRIポートフォリオの3分の2が、従来のポートフォリオを上回っていた。

「Backend Benchmarking」の第3四半期の「Robo Report」の重要なハイライトの1つは、社会的に責任のあるデジタル・ポートフォリオの標準を超える結果である。

少なくとも1年間運用されている6つのSRIポートフォリオ(それぞれが同じ企業の伝統的なポートフォリオとペアになっている)のうち、4つが1年間のパフォーマンスで伝統的なSRIポートフォリオを上回った。SRIのパフォーマンスが優れていたのは「Betterment」「Morgan Stanley」「TIAA」「Wealthsimple」で、これらの企業のパフォーマンスが優れていたのは約0.6ポイント(Bettermentに対して)から、「Morgan Stanley」と「Wealthsimple」の約2ポイントの範囲であった。

「TD Ameritrade」と「Ellevest」のSRIポートフォリオは、余剰資金を抱えていたTDと、SRIアプローチよりも女性問題に焦点が絞られていたEllevestの伝統的なポートフォリオに比べ、パフォーマンスが劣っていたと、The Robo Reportの調査責任者であるDavid Goldstone氏は述べている。