慈善事業による控除を最大化するために、税制改革が与えた状況を綿密に調査するべきである

しかし「Fidelity Charitable」は、税法が制定される前から寄付を減らした団体はほとんどないと火曜日に報告した。

「Fidelity Charitable」は、税制改革により、多くの納税者が慈善寄付の方法を変えるようになったと報じた。

納税者の半数は、新税法の施行以来、慈善事業への寄付戦略に少なくとも1つの変更を加えたと報告している。例えば、価値が上がった株式を寄付したり、数年間の慈善事業への寄付を単年度に「集中」したり、寄付者の助言を受けた基金に寄付したりしている。

これは、47%のアドバイザーが税制改革に対応して寄付戦略を調整したと回答した、以前のFidelity Charitableの調査結果と一致している。