ベテランアドバイザーの採用をやめて、既存のアドバイザーの教育の投資に重きを置くという戦略に基づいている

同社は、ベテランアドバイザーの採用よりも、現在の担当者の後継者計画に投資することを目指しているという。

「Merrill Lynch」は、2021年後半に開始する後継者育成プログラムで新たな奨励金を導入する計画だが、他の証券会社では提供していない機能もあるという。

資産管理部門の責任者であるAndy Sieg氏は「私たちは、すべてのアドバイザーがここから始めて、ここに顧客ベースを構築し、ここから引退することを望んでいる」と述べた。

今回の動きは、同社がベテランアドバイザーの採用をやめ、既存のアドバイザーへの投資を増やすという、より広範な戦略の一環だ。