米国国税庁は、適格退職年金制度、IRA(個人退職勘定)および年金から求められる最低給付額の平均余命表を更新する規制案を公表した。

提案はFederal Registerに掲載され、60日間のコメント期間が予定されている。RMD(Required Minimum Distribution)を減らして、より長い平均寿命を反映させるようにします。

規制案の影響

CPA兼ファイナンシャルプランナーのJeff Levine氏によると、今回の変更により、退職者の最初のRMD比率は3.65%から3.44%に低下するという。 この規則は、IRAおよび年金の所有者、受益者、受託者および保管者だけでなく、これらの適格退職年金プランおよびその他の税優遇事業主提供退職制度の加入者、受益者およびプラン管理者にも影響を与える。 (IRS、2020年の拠出限度額を401 (k) 引き上げ)