年金や生命保険をベースにした貯蓄制度を販売するのであれば、あなたも退職後の保障を勧めることになる

州保険監督当局の新委員会である「Retirement Security Working Group」は、水曜日の東部夏時間午後1時に最初の公開電話会議を行う予定である。

作業部会は全米保険監督官協会の生命保険・年金委員会の一部である。

同作業部会の公式な告発によると「NAICの継続的な「Retirement Security Initiative」と整合的な形で、退職所得保障を促進する方法を探求する」という。

年金や生命保険をベースにした貯蓄制度を退職後の貯蓄者に販売するのであれば、あなたも顧客の退職後の保障を促進することになる。理論的には、それはあなたと作業部会が少なくともいくつかの共通の目標を持っていることを意味する。

NAICはカンザスシティ(ミズーリ州)に本拠を置く州保険監督当局のグループである。保険規則を設定する直接的な権限はないが、州は保険に関する法律、規制、手続きを策定する際に、しばしばNAICのモデルから始める。場合によっては、州は保険会計規則の技術的変更のような一定のNAIC措置を自動的に適用するように手配する。