株式報酬制度を持つ従業員の多くが、アドバイザーを持つことの価値を認識していることは明らかである

Schwabによると、これらの従業員のうち株式を売却したのは半数未満で、圧倒的多数がさらなる教育を求めているという。

「Schwab Stock Plan Services」の最新調査によると、米国の従業員の株式報酬の平均確定価値は約10万ドルですが、株式を行使または売却したことのある従業員は半数未満である。

またこの調査では、このような報酬プランを持っている人の多くが、アドバイザーを使って、それをどうするかを考えていることもわかった。

米国の労働者の株式報酬の平均確定価値は97,711ドルであり、その株式報酬の平均総額は149,835ドルであることが「Logica Research for Schwab」が7月1〜16日に行った、このようなプランを持つ従業員1,000人を対象とした株式報酬プラン加入者調査で明らかになった。

回答者の41%が、自分のキャリアの中で、インセンティブ・ストック・オプションや制限付き株式報奨制度、従業員株式購入制度(ESPPs)の少なくとも一部を行使または売却したことがあると答えた一方で、59%の回答者は、自分の株式を行使または売却したことがないと答えた。