「我々は政治的な広告は世界的に全面禁止する決定をした」——。

Twitterの共同創業者であるジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)はこのほど、自身のTwitterアカウントでこうツイートした。広告費としてお金をかけることによって政治的な影響力を拡大できる状況をストップしようという取り組みだ。

連載「経営トップ、発言の真意——WORDS by EXECUTIVE」の第13回では、ドーシーCEOの発言を取り上げつつ、政治と広告に関する業界の動きやTwitter社の最新の動きを探っていこう。

ドーシーCEO「リーチは『獲得』されるべきだ」

経営者,Twitter,経営トップ,連載,ジャック・ドーシー
(画像=Hindustan Times/Getty Images)

ドーシーCEOは次のようにもツイートで述べている。「我々は政治的なメッセージのリーチは『獲得』されるべきものだと考えており、それは『購入』するものではない」。ちなみにこのツイートは、11月13日時点で10万リツイートと43万件の「いいね」を獲得しており、ドーシーCEOの決断を支持するコメントも多い。