インパクト投資に対する懸念材料を払拭するためのファイナンシャル・アドバイザーによる積極的な教育が必要だ

ある調査によると、財団のファイナンシャル・アドバイザーが会話を始めているわけではない。

「Foundation Source」の新しい調査によると、10の民間財団のうち9の財団がインパクト投資に関心を持っている。

しかし、資金を運用している財団は51%に過ぎず、投資に影響を与えるために投資ポートフォリオの少なくとも一部を割り当てている一方で、資産をまったく運用していないと答えた財団は48.9%にとどまった。

同セクターで活動している財団のうち、3.3%が資産のすべてがインパクト投資であると回答した。