最近、年代を問わず資産運用に取り組む人が増えてきている。しかし、いざ資産運用を始めようと思っても、選択肢がありすぎて選べないという人も多いだろう。今回は、目的や投資スタイル別におすすめの資産運用を徹底解説する。

菅野陽平
監修者・菅野陽平
日本最大級の金融webメディア「ZUU online」編集長。株式会社ZUUM-A取締役。経営者向けメディア「THE OWNER」編集長。幼少期より学習院で育ち、学習院大学卒業後、新卒で野村證券に入社。リテール営業に従事後、株式会社ZUU入社。メディアを通して「富裕層の資産管理方法」や「富裕層になるための資産形成方法」を発信している。自身も有価証券や不動産を保有する個人投資家でもある。プライベートバンカー資格(日本証券アナリスト協会 認定)、ファイナンシャルプランナー資格(日本FP協会 認定)保有。編集著書に『富裕層・経営者営業大全』(一般社団法人金融財政事情研究会、2020年7月31日発売)

目次

  1. 資産運用をする人が増えた背景
  2. まずは少額から資産運用を始めるのがおすすめ
  3. 資産運用で増えるのは資産だけじゃない?
  4. 資産運用で「だまされない」ための心構え
  5. 初めての資産運用で知っておきたい基礎知識
    1. リターンとリスクの考え方を学ぶ
    2. 分散投資・長期投資が安全な理由
  6. 知らないと損をする?複利効果を知ろう
  7. 技術の進歩で投資が変わる!AIと資産運用
  8. 資産運用を勉強するポイントは?
  9. 投資経験が浅い人も安心!おすすめの資産運用
    1. NISA
    2. iDeCo
  10. 運用をプロに任せたい人におすすめの資産運用
    1. 投資信託
    2. REIT
    3. 変額保険
  11. リスクを抑えて投資したい人におすすめの資産運用
    1. 外貨預金
    2. 国債
  12. 現物に魅力を感じる人におすすめの資産運用
    1. 不動産投資
    2. 貴金属投資
  13. 大きく稼ぎたい人におすすめの資産運用
    1. 株式投資
    2. FX
  14. 難易度の高い投資に挑戦したい人におすすめの資産運用
    1. 仮想通貨
    2. 先物取引
  15. 資産運用の目的を明確にすることが大切
    1. 関連記事

資産運用をする人が増えた背景

PIXTA
(画像=PIXTA)

資産運用というと、以前は「一定の資産を築いた人が、余裕資金を投じてさらにお金を増やす」というイメージがあった。しかし最近では、20~30代のうちから積極的に資産運用に取り組む人が急増している。

きっかけの一つは、2019年に金融庁が公表した報告書だ。「公的年金だけでは老後の生活費が2,000万円不足する」という報告に、衝撃を受けた人も多いだろう。

生活水準や家族構成によって老後の生活費は違ってくるため、一概に2,000万円あれば安心というわけではないが、早いうちからライフプランを描き、資産運用に取り組むことは、自分や家族の生活を守ることにつながる。

お金の話は、親しい間柄であっても話題にしにくいものだ。そのため、ひと昔前の感覚で預貯金のみで運用しないでいた結果、気づけば周りの資産額と大きく差が開いてしまっていた、ということにもなりかねない。

しっかりと情報収集し、早めに資産運用に取り組み始めることが重要となる。

まずは少額から資産運用を始めるのがおすすめ

資産運用について調べ始めると、「サラリーマンとしての給料以外に月100万円の収入」「主婦だけど不動産投資で1億円の資産を築いた」「セミリタイアして金利生活」といった情報に目がくらむこともあるだろう。

確かに、自分に合った資産運用の方法と出会い、勉強や情報収集を行い、運や実力に恵まれれば大成功を収めることも可能だ。しかし、投資経験がない中で、いきなり資産運用に大金を投じるのはおすすめできない。

資産運用には必ず向き・不向きがある。まずは自分の適正を把握するためにも、少額から資産運用を始めたほうがよいだろう。

また、「知識を身に付けてから資産運用を始めよう」という発想でいると、結局5年経っても10年経っても行動には移さないということになりがちだ。少額でも実際に自分のお金を投じて資産運用をすることで、入ってくる情報が変わり、投資感覚が磨かれる。

自分が慎重派だと自覚している人こそ、思い切って少額から資産運用に踏み切ることをおすすめする。

資産運用で増えるのは資産だけじゃない?

当然だが、資産運用の目的は資産を増やすことだ。しかし、資産運用で得られるものはそれだけではない。

少額でも実際に資産運用を始めると、入ってくる情報が変わることを実感できるはずだ。ニュースアプリや新聞の情報も、目的をもって読むときとそうでないときとでは、理解度がまったく違ってくる。情報同士が頭の中で結び付くようになれば、世の中の見え方も変わる。

資産運用という目的を持つことで情報感度が上がり、仕事や日常生活の思わぬ場面で知識が役立ったというエピソードも多い。せっかく資産運用を始めるなら、本業とのシナジー効果を狙ってみるのも面白いだろう。

資産運用で「だまされない」ための心構え

メリットの多い資産運用だが、お金が絡むからこそ「落とし穴」があるのも事実だ。営業担当者に言われるままに自分に合わない投資商品に大金を投じたり、リスクの大きな投資商品に手を出して身を亡ぼしたりすることがないよう注意が必要だ。

資産運用で「だまされない」ためには、最低限の知識は身に付けておくことが重要だ。何の情報も持たないまま営業担当者と対面して契約を決めるのは危険である。最近はインターネットでも簡単に情報収集ができるので、投資商品や基本的な用語については、自分で勉強して押さえておくとよいだろう。

また、「おいしい話」にも注意が必要だ。「絶対もうかる」「損をしない」といった言葉には、必ず裏がある。おいしい話に安易に飛びつくことなく、情報をうのみにしないよう注意しながら、メリット・デメリットを踏まえて資産運用に取り組むべきだ。

初めての資産運用で知っておきたい基礎知識

次に、初めて資産運用に取り組む人が最低限押さえておくべき基礎知識を解説する。

リターンとリスクの考え方を学ぶ

資産運用をするなら、まずリターンとリスクについて知っておこう。一般的に、リターンというといいイメージ、リスクというと怖いイメージという人が多いのではないだろうか。

資産運用において、リターンとは運用によって得られる収益もしくは損失のことを指す。一方、リスクとは得られるリターンの振れ幅のことだ。

分かりやすく表現すると、リスクの高い商品の場合、「マイナス50からプラス50」の間でリターンが得られる可能性がある一方、リスクの低い商品であれば「マイナス10からプラス10」の間でリターンが得られる可能性があるということだ。

こうして見ると、リスクが低いことが一概にいいとは言えないことが分かるだろう。一般的に、リスクが低いと期待できるリターンも少なくなる傾向があるからだ。

初めて投資をする人は「元本保証」に飛びつきがちだ。確かに、安定的に運用できる元本保証は魅力的だが、元本保証にばかりこだわり過ぎず、リターンとリスクの考え方を踏まえて、柔軟な視点で商品を選ぶことが重要になる。

分散投資・長期投資が安全な理由

資産運用で着実に資産を増やしたいなら、分散投資・長期投資がおすすめだ。それぞれの意味と、なぜ安全なのかを解説する。

分散投資とは、投資先を分散することでリスクを抑える手法だ。例えば、1社の株式に100万円を投じていた場合と、国内外の株式や債券を合計100万円分保有していた場合を比較すると、前者のほうがハイリスクと分かるはずだ。

長期投資とは、長い時間をかけてコツコツ投資を行うことである。一般的に、投資期間が長くなるほど平均収益率が安定していくことが分かっている。また、次の章で詳しく解説するが、長期投資には複利効果が得られるというメリットもある。

知らないと損をする?複利効果を知ろう

複利効果とは、資産運用で得た収益をさらに投資に回すことで、資産が雪だるま式に増えていくことをいう。

例えば、元金500万円を金利5%で10年間運用した場合、単利なら10年後の資産総額は750万円となる。しかし、収益を元本に組み込みながら運用すると、同じ条件でも複利効果によって10年後の資産総額は約814万円になるのだ。

そのため、資産運用をするのであれば、複利効果を活用して、効率的に資産を増やしていくことをおすすめする。

技術の進歩で投資が変わる!AIと資産運用

最近では、技術の進歩によって資産運用の世界にも新たな潮流が生まれつつある。代表的なのは、AIを用いて最適な資産配分を投資家に提案し、運用までしてくれるロボアドバイザーだ。

ロボアドバイザーは、インターネット上でいくつかの質問に答えるだけで、最適な資産配分を提案してくれる。手軽に始められることや、知識がなくてもAIに資産管理を一任できることから、投資ビギナーにおすすめだ。

一方で、手数料がかかることや、資産運用に関する知識が身に付かないことなどがデメリットとして挙げられる。AIを活用した最新サービスに興味があるなら、他の資産運用と並行して、少額をロボアドバイザーに任せてみても面白いかもしれない。

資産運用を勉強するポイントは?

資産運用を勉強する方法には、本・セミナー・インターネットなどさまざまな方法がある。大切なのは、やみくもに本を購入したり衝動的にセミナーに申し込んだりするのではなく、どんな情報を得たいか目的を持って調べることだ。

インターネットで情報収集する場合は、特定の投資商品を強くプッシュしているようなサイトはできるだけ避けたほうがよい。幅広い投資商品のメリット・デメリットを比較し、網羅的に情報を提供しているサイトを参考にすべきだろう。

投資経験が浅い人も安心!おすすめの資産運用

NISA

NISAとは、毎年120万円までなら配当益・譲渡益にかかる税金が非課税になる制度。まずは少額から資産運用を始めたい人におすすめだ。

一方で、譲渡損が出た場合に損益通算できないといったデメリットも存在する。まとまった金額を投じて積極的に資産運用したい人にとって、NISAはやや物足りないかもしれない。

iDeCo

iDeCoとは、個人で積み立てられる私的年金の制度。支払った保険料の全額が所得控除になるため、所得が高い人にとっては大きな節税メリットがある。

一方で、基本的に60歳までは引き出しができないため、結婚や出産などのライフイベントが控えている場合、いくらをiDeCoに回すか判断が難しいケースがある。iDeCoを活用するなら、無理のない金額設定にしたほうがよいだろう。

運用をプロに任せたい人におすすめの資産運用

投資信託

投資信託とは、投資家から集めた資金を専門家がまとめて運用するタイプの投資商品。投資先は、国内外の株式や債券、REITなど多岐に渡る。

分散投資によってリスクを抑えられることや、投資先を選ぶ必要がないことが投資信託のメリットだ。資産運用を始めたばかりという人や、忙しくて情報収集する時間がとれない人におすすめである。

REIT

REIT(リート)は不動産投資信託とも呼ばれており、投資家から集めた資金を専門家が不動産に投資し、家賃収入や譲渡益を分配する投資商品である。投資先には住居だけでなく、ホテルやオフィスビル、商業施設なども含まれている。

不動産投資に興味はあるが、いきなり大きく借り入れをして不動産を所有するのは抵抗感があるという人におすすめだ。REITなら少額から始めることができ、借金をする必要もない。

変額保険

変額保険とは、運用実績によって、受け取れる満期保険金や解約返戻金が増減するタイプの保険商品で、運用先は株式や債券などとなっている。

死亡時に受け取れる保険金には最低保証があるため、運用実績が最低保証を下回っても、契約時に約束された保険金を受け取ることができる。万一の場合に備えつつ、資産運用に挑戦したいという人に適した商品と言えるだろう。

リスクを抑えて投資したい人におすすめの資産運用

外貨預金

外貨預金は、日本円を外貨に換えて預金することである。日本でお金を預けて受け取れる利息はわずかだが、海外では日本より金利の高い国がたくさんある。つまり、預金という性質は同じでも、日本円を外貨に換えるだけで受け取れる利息が増える場合があるのだ。

ただし、外貨預金をするならば為替リスクを理解する必要がある。日本円と外貨の交換レートは常に変動しているため、交換のタイミングによっては損失が発生する場合もある。外貨預金をするなら、為替レートをチェックし、損失が出ないように注意しなければならない。

また、日本円だけを所有している場合、インフレになると資産価値が目減りしてしまう。外貨預金は、こうしたインフレへのリスクヘッジにもなるので、海外旅行が好きで為替リスクに敏感な人や、インフレ対策として日本円以外を所有することに価値を感じる人には、おすすめの資産運用だ。

国債

国債とは、国が発行する債券のことである。国債を買うことは、いうなれば国にお金を貸すことであり、金額に応じて国から利息を受け取ることができる。

元本割れの心配がないことや最低金利が保証されていることから、リスクを抑えて手堅く資産運用したい人におすすめの投資商品と言える。一方で、利率は決して高くはないため、積極的に資産運用したい人には不向きと言えるだろう。

現物に魅力を感じる人におすすめの資産運用

不動産投資

有価証券やFXといった金融商品を購入することに対して、不安を覚える人もいるだろう。そんな人には、現物投資がおすすめだ。現物投資の中で代表的なものは、不動産投資である。

不動産投資というと、まとまった資金がなければ始められないというイメージがあるが、ワンルームマンション投資なら数十万円の頭金から始められるケースもある。

数百万円を預貯金として眠らせているだけでは、ほんのわずかな利息しか受け取ることができない。しかし、思い切って不動産に投資すれば、家賃収入を受け取ることができる。現役時代に家賃収入から返済を終えれば、老後は家賃収入が丸ごと手元に残る。空室リスクなどもあるが、不動産投資は手間をかけず資産運用したい人におすすめの方法と言えるだろう。

貴金属投資

貴金属投資も、現物に価値を感じる人におすすめの資産運用だ。代表的なものとしては、金投資が挙げられる。

金投資には、金の延べ棒など金塊を手元に保管する方法以外に、純金積立という選択肢もある。純金積立では、毎月一定額の資金を積み立て、金を購入していく。少額から購入できるのが魅力で、一定金額に達すれば金の現物を引き出すこともできる。ほかにも、少額からできる金投資として、金貨の購入という方法もある。

貴金属投資の中では金投資が有名だが、最近はプラチナにも関心が集まっている。貴金属投資は、現物の輝きを楽しみたい人におすすめの資産運用だ。

大きく稼ぎたい人におすすめの資産運用

株式投資

株式投資とは、企業が発行する株を購入し、株価が値上がりしたタイミングで売却することで、差額分の利益を得るという投資方法だ。値上がりする株を見極める必要があることから、やや上級者向けと言えるだろう。

株式投資では、売買によって収益を上げる以外に、配当金を受け取ったり、株主優待の特典を受けたりと、さまざまなメリットがある。業界研究や企業研究が好きな人、自分なりに集めた情報を元に資産運用で成果をあげたい人には、株式投資が適している。

FX

FXとは、二国間の通貨を売買して利益をあげる投資方法。FXでは、手元資金の25倍までレバレッジをきかせて取引を行うことができる。そのため、少ない元手でも大きな成果をあげられる可能性があり、夢のある資産運用と言えるだろう。

一方で、手元資金以上の取引をすることで、大きく損をしてしまう危険性もある。また、FXは24時間取引できるからこそ、為替レートが気になって本業に支障をきたしてしまったり、睡眠不足になったりといったケースもある。

そのため、FXをするなら、為替リスクや金利変動リスクなどさまざまなリスクを理解したうえで、節度を持って取引することが重要になるだろう。

難易度の高い投資に挑戦したい人におすすめの資産運用

仮想通貨

仮想通貨とは、実態を持たないデジタルデータとしての通貨だ。通常、通貨は国家が発行するため、国家が破たんすればその価値を失う。しかし、仮想通貨は特定の国や金融機関とのつながりを持たない。

仮想通貨の価値は常に変動しており、仮想通貨を売買することで利益をあげることも可能だ。今のうちに仮想通貨を保有しておき、今後仮想通貨を保有する人がさらに増えた場合、元手の何倍もの価値になる可能性もある。

一方で、仮想通貨は価格変動が激しいことから、常に最新情報をチェックしておかなければならない。また、ハッキングによる仮想通貨の盗難事件も発生している。仮想通貨で資産運用をするなら、ハイリスクであることを認識したうえで、世の中の動きや技術の進歩など幅広い分野に対して、情報感度を高く保つ必要があるだろう。

先物取引

先物取引とは、決められた期日にある商品を決められた価格で売買することを約束する取引である。予想より値上がりした場合は安く買うことができ、予想より値下がりした場合は高く買わなければならない。

原油やトウモロコシ、大豆などの商品を対象とした先物取引もあれば、株式を対象とした先物取引もあり、取引に使える商品が豊富なため、自分に合った商品を選ぶ楽しみがある。

一方で、情報収集や商品選びが投資経験が浅い人には困難で、リスクを予見しにくいといったデメリットもある。先物取引は、一定の投資経験を持っている人や、特定の分野に関して深い知識を持つ人におすすめの資産運用と言えるだろう。

資産運用の目的を明確にすることが大切

前述したように資産運用には、向き・不向きがある。少ない金額から投資をして着実に資産を増やしたいのか、短期間で大きな利益をあげたいのか、投資の目的やスタイルによって、選択肢は大きく変わってくる。

まずは自分のライフプランを描き、実現したいことを明確にしたうえで、資産運用を始めることが重要と言えるだろう。


関連記事

【2020年版】資産運用の初心者は必読!投資デビューのための必須知識
初めての投資信託購入。知っておきたい「4つの知識」とは?
投資信託の利回りとは何か?利回りだけで投資信託を選んではいけない3つの理由
【徹底解説!】投資信託にかかる各種手数料まるわかり
投資信託はどう選ぶ?種類別に選び方を解説
毎月のみんなの貯蓄額は?2020年こそ貯蓄体質になろう!
20代から始める資産運用ガイド2020年版 成功・失敗事例も紹介