バンクビジネス
(画像=PIXTA)
面談記録の例
⑤お客様が短期乗換えを希望したが、アドバイスの結果思いとどまった場合
お客様が来店され、J-REITファンド換金の申し出があった。東証REIT 指数が上昇し、現在の基準価額が購入時より8%ほど上昇したため利益確定をしたいとのこと。(ア)お客様は購入時に「東京五輪の後も国内の一等地や物流拠点には海外企業の進出や観光客増加もあると考えられ、J-REITファンドは長期投資が期待できる」と発言しており、当時の期待・見通しと現在の意向を思い出していただけるよう説明した。(イ)アクティブなJ-REITファンドへの乗換えを検討していたと言われたので、月次レポートを用いて、組入れ上位銘柄を比較。組入れ銘柄に大差がなく乗換費用がもったいないかもしれないと説明。(ウ)また保有期間が1年ほどと短いため、マネープランガイドを用い、保有するファンドは中長期の資産形成にふさわしい金融商品という点を説明した。お客様より「よく分かったよ。ありがとう。少し様子を見るね」と言われた。

ポイント