バンクビジネス
(画像=PIXTA)

住宅ローンは購入物件のタイプによって手続きが異なります。
本連載では、物件別に手続きの方法や留意点を解説します。

セカンドハウスとは、生活の拠点とする自宅のほかに所有する、別荘・別宅・将来用の住宅などを指します。

一般的に住宅ローンは「保有する住宅は1世帯あたり1軒」を前提としているため、セカンドハウスを取得する場合は原則として住宅ローンを利用できないとする金融機関は少なくありません。