男女の約半数が、死後、慈善団体に寄付したいと回答している

「Fidelity Charitable」のレポートによると、起業家のマインドセットは男女ともに彼らの寄付戦略に引き継がれている。

「Fidelity Charitable」が昨年行った調査によると、10人のうち8人の起業家が、自分たちのアイデンティティの重要な部分を慈善事業に託すことを考えており、その半数近くが自らを慈善家と呼んでいる。この調査によると、慈善に熱心な起業家は、そうでない起業家に比べて、慈善事業にかなりの金額を寄付している。

火曜日に発表されたその研究の補足資料は、収入が100万ドル以上の企業の起業家が慈善活動にどのように取り組むかに焦点を当てた。

その結果、男性と女性の非事業主では、慈善活動に対する態度や行動が異なることが多いのとは対照的に、男女ともに起業家は慈善活動に同程度の金額を支払い、ボランティア活動に同程度の時間を費やしていることがわかった。