IHの証券口座の1つから4つの小切手の提出を行って資金を調達した

シアトルの元同僚が、自分の経費として同僚から24,000ドルを受け取ったとされている。

金融業界規制当局(FINRA)は、Merrill Lynchのシアトルオフィスで解雇された登録済みのシニアクライアントのアソシエイトが、同僚の証券会社の口座から24,044ドルを引き出し、自己の経費としてその資金を不正に使用したとして、解雇を無効にしたと発表した。

Julie Ann Mineard氏は、承認書、権利放棄書、FINRAへの同意書を11月13日に提出し、FINRAの会員であるブローカー・ディーラーの資格を問わず関与を禁じられることに同意した。彼女はその調査結果を肯定も否定もせず、その手紙に同意した。この書簡は11月15日にFINRAに受理された。

Mineard氏は1999年にMerrill Lynch部門で働き始め、2001年に証券総合代表として同社に登録されたが、書簡によると、2017年の7月から9月にかけてFINRA規則2150と2010に違反して「彼女が同僚の証券口座から得た約24,044ドルを換金して不正に使用した」ことが判明した。