無担保&保証人なしで借りられる「カードローン」。銀行や消費者金融会社、信販会社など数多くの金融業者が扱っているローン商品ですが、その中には“無利息期間サービス”という特約付きの商品があります。

その名の通り、設定された期間内に返済すれば、利息の負担なくお金を借りることができるので、カードローンを利用する際にはぜひ活用したいサービスです。しかし、採用している会社により微妙な差があり、選択を間違えるともったいないことになりかねません。

今回はカードローンの無利息期間サービスについて、詳しく説明していきます。

無利息期間サービスを実施しているのは6社

カードローン,無利息期間
(画像=Ti_ser/Shutterstock.com)

カードローンを扱っている金融業者は多々ありますが、全国展開をしている大手金融業者で、無利息期間サービスを行っている金融業者は下記の6社です。無利息の期間や条件も一緒に比較してみます。

金融業者名無利息期間無利息期間サービスを利用できる条件
プロミス初回借入日の翌日から30日初回申込のみ
アコム契約日の翌日から30日初回申込のみ
アイフル契約日の翌日から30日初回申込のみ
レイクALSA契約日の翌日から60日初回申込のみ
契約限度額が500万円までの人
契約日の翌日から180日初回申込のみ
契約限度額が200万円までの人
最高借入額5万円まで
ノーローン借入日の翌日から1週間完済日の翌月以降に利用した場合は何度でも利用可能
ジャパンネット銀行初回借入日から30日初回申込のみ
※申込時に必要な条件は省略しています

無利息サービスの期間を30日で設定している金融会社が多くあります。

レイクALSAのみ、60日と180日ですが、それぞれ他の金融機関よりも条件が多くなります。この2つの無利息期間を併用することはできません。

また、ノーローンのみ借入日の翌日から1週間と短く設定されています。期間が短い分、初回申込のみという他社の条件はなく、何度でも利用することができるので、少額を短期間で返済する人には便利なサービスです。

無利息期間サービスは条件に注意

上記の表の中で気を付けてほしいのは、「初回申込のみ」という条件と、無利息期間のスタートのタイミングです。

「初回申込のみ」というのは、その金融業者のカードローンを初めて利用する人という意味です。他の金融会社のカードローンを利用したことがあっても、無利息期間サービスを利用することができます。

「ノーローン」は先述の通り、無利息期間は短いのですが、初回限定ではありません。前回借入分を完済していれば、完済月の翌月以降の借入に1週間の無利息期間サービスが受けられます。

また、無利息期間サービスのスタート時期にも注目です。プロミスとジャパンネット銀行は初回借入日であるのに対し、アコム・アイフル・レイクALSAの3社は契約日の翌日からになっています。

カードローンの申込日にすぐ借り入れをするならどの金融業者を選んでも問題ありませんが、先の予定を見越しての申し込みの場合、アコム・アイフル・レイクALSA では無利息期間サービスが終了してしまっている可能性もあります。

自分がお金を借りるタイミングがいつかをしっかりと把握し、申し込みを行ってください。

半年以内に返済予定なら無利息期間サービスはかなりお得

住宅ローンなどの目的別ローンに比べ、カードローンはその自由度の高さから金利は高めに設定されています。金利が高くなると返済負担が大きくなるため、なるべく金利が低いところを利用するのがおすすめです。

しかし、30日間の無利息期間サービスを利用できれば、1か月分の金利が0円となるため、無駄な出費を抑えられます。

例えば、金利年18%で無利息期間30日アリのカードローンと、年14%のカードローンで、30万円を借りた場合を比較してみると6か月以内に返済するのであれば年18%のカードローンの方が返済総額を低く抑えられます。

返済金額など自分で計算するのが面倒という人は、各社の公式サイトの返済シミュレーションを試してみるといいでしょう。この際、無利息期間サービスは返済シミュレーションでは計算できないので、1か月短い期間を参考にしてください。

無利息期間サービス中の延滞には気を付けて

カードローンを利用するなら、ぜひ活用してほしい無利息期間サービスですが、利用する時には2つの注意点があります。

1:無利息期間サービス中にも返済日がある
2:無利息期間サービス中に延滞するとサービス終了

カードローンを利用する際には、必ず毎月1回、返済日を設定します。この返済日は、無利息期間中も必ずやってくるので、うっかり延滞してしまうと遅延損害金が発生するだけでなく、無利息期間サービスそのものが終了になり、金利も借入日からの分を請求されてしまいます。

返済日の設定は金融会社により異なりますので、給料日に近い日程を指定するなどして忘れないようにしてください。

無利息期間サービスを上手に活用して無理のない返済を

お得な無利息期間サービスですが、期間は基本的に30日しかありません。当たり前ですが、31日目からは利息が発生します。

しかし先述の通り、例えば30万円程度を半年で返済するというのであれば、無利息期間サービスが終了し利息が発生したとしても、返済総額を確認すると負担が少なかったということもあります。

いくつかのカードローンを比較検討する時には、金利の低さだけではなく、その金額を返済するのにかかる月数、利息を含めた返済総額などを算出してみてください。

少しでも損をすることがないように、自分のライフスタイルに合わせてカードローンをセレクトしてください。

<プロフィール>
名前:プロが教える!なるほど!カードローン編集部
プロフィール:
お金のプロ、ファイナンシャルプランナー(FP)が監修したカードローンの全てがわかるサイトです。
https://naruhodo-cardloan.com/