Elizabeth Warren氏の純資産500億ドルの納税者に提案した富裕税や、医療、金融、エネルギー部門に対する規制強化も懸念されている

「私たちは『選挙にあまりこだわるな』と言い続けているが、米国の選挙は例外だ」

2020年の大統領選挙は、政治と投資を混同してはならないというこれまでの警告を覆すものである。

「Morgan Stanley」「T. Rowe Price」「UBS」などの米国と世界の大手金融機関は2020年の大統領選挙の展望報告書や記者団との会合で選挙について話し合っている。その中には、Elizabeth Warren氏が大統領を務めたときの仮定も含まれている。

2020年の米大統領選挙は、米中貿易戦争に代わる主要な地政学的な市場リスクのように見えるが、まだ解決策がないため、貿易戦争に対する懸念は続いている。