冨田 和成
冨田 和成(とみた・かずまさ)
神奈川県出身。一橋大学在学中にIT分野にて起業。2006年大学卒業後、野村證券株式会社に入社。新人時代は220件のオーナー社長を開拓し、同期トップになる。2年目以降は優良対象先に特化し、3年半で300件のオーナー社長を開拓。3年目終了時、7年目までの全セールスで営業成績トップに。史上最年少で本社の富裕層向けプライベートバンキングへ異動。シンガポールマネジメント大学でウェルスマネジメント、イエール大学でオルタナティブ投資のビジネススクールに通い、卒業後はASEAN地域の経営戦略担当等に従事。2013年3月に野村證券を退職。同年4月に株式会社ZUUを設立し代表取締役に就任。2018年6月マザーズ上場。
中桐 啓貴
中桐 啓貴(なかぎり・ひろき)
1997年甲南大学経営学部卒業。山一證券株式会社に入社。その後メリルリンチ日本証券にて、ファイナンシャルコンサルタントとして資産残高80億円(クライアント180人)、退社まで常に1200人中トップ10の成績を残し、最年少でシニア・ファイナンシャル・コンサルタントに昇進。留学のため退社し、米国ブランダイズ経営大学院にて、MBA(経営修士号)取得。帰国後、2006年に独立系IFA法人ガイア株式会社を設立。現在は、コンサルティング業務に従事する傍ら、IFA業界の専門家として、日経やWBS等のメディアにも登場しており、これまでに出版した著書は2007年に発売し3万部のベストセラーとなった「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」(明日香出版)を含め累計10万部を超えている。

元野村證券トップセールス冨田和成と、元メリルリンチトップセールスのIFA法人GAIA代表・中桐啓貴氏が、「現役経営者が金融パーソンから受けたい提案とは?」をテーマに対談したオンラインセミナー動画をお届けする。

一部公開(約5分)


【元メリルリンチ×元野村證券トップセールス対談】現役経営者が金融パーソンから受けたい提案とは?
  • 「いま1年目に戻ったら」実践するだろう新規開拓手法とは【元メリルリンチ×元野村證券トップセールス対談#2】
  • なぜストックフィー制度を導入したのか【元メリルリンチ×元野村證券トップセールス対談#3】
  • 銀行融資以外で資金調達を支援する方法【元メリルリンチ×元野村證券トップセールス対談#4】
  • ギブしてもサンキューオーダーをくれない社長への対処法【元メリルリンチ×元野村證券トップセールス対談#5】
  • 「2年で80億円を集めた」新規開拓の手法とは?【元メリルリンチ×元野村證券トップセールス対談#1】
  • 開く
    閉じる

    全編(約17分)