この買収への動きは、これまで非効率だった証券会社業界が、より合理化された業界への移行を間近に控えていることを物語っている

業界筋によると、両社の合併は独占禁止法などの障壁に直面するという。

業界ウォッチャーやアドバイザーによると「Charles Schwab」が「TD Ameritrade」を260億ドルで買収すると木曜日の早い時間に報じられたことは業界の話題であり、驚きではないという。

「これはビッグニュースであり、金融サービス業界で起きている大規模な合併の新たな例である」と、資産ストラテジストで「Your Dedicated Fiduciary」の設立者であるVance Barse氏は述べた。

しかし、まだこの合併に賭けるべきではないと言う人もいる。

「独占禁止法上の問題が生じる可能性がある」と「T3 Technology Hub」の代表でファイナンシャルプランナーの資格を持つJoel Bruckenstein氏は言う。「この2社は、アドバイザー側と消費者側で長年激しい競争を繰り広げてきた。合併しても十分な競争があるのだろうか?規制当局がこれをどのように見るかを判断することは難しい」と指摘した。