証券会社業界では、多くの部門の必要性がないことを認識し始めている

IBDはRIAとほぼ同じくらいM&Aに積極的である。「Atria」は独自のネットワークとアドバイザー部隊を拡大し続けている。

「Atria Wealth Solutions」は、カリフォルニア州パサデナに拠点を置く独立系ブローカー・ディーラーの「Western International Securities 」を買収することで、ブローカー・ディーラーのリーチを拡大すると発表した。「Western International Securities 」は、400人以上の独立系ファイナンシャル・アドバイザーを抱え、130億ドルの運用資産を保有している。売却が完了すると、Atriaは2,500人近いアドバイザーの代表となり、800億ドル近くが管理下に置かれる。

「今日の業界に影響を与えている変化の量は前例がなく、社外ではエンドクライアントによって、社内ではファイナンシャル・アドバイザーによって推進されている」とAtriaの共同創設者でCEOのDoug Ketterer氏は語った。「各構成員が選択性を望んでいるのは明らかだ。独立性を求めるアドバイザーの数は増えているが、同時に、オフィスの探し方、テクノロジーの選択、サポートスタッフの雇用など、選択に伴うさまざまな決定に時間を費やしたくない」と続けた。

WISは「NEXT Financial Group」「Caderet」「Grant&Co.」「CUSO Financial Services」「Sorrento Pacific Financial」を含むAtriaの成長するIBD子会社に追加される。