高級化粧品で有名なドゥ・ラ・メールは、「年齢を感じさせない肌にする」とハリウッドセレブにも人気です。奇跡のクリームと言われる、ドゥ・ラ・メールのクリームの誕生秘話から効果、1本8万円を超える究極のアンチエイジング美容液など、美を追求し続ける同ブランドの魅力に迫ります。

ドゥ・ラ・メールの原点とは?

美容液,ブラッド・ピット,愛用,ドゥ・ラ・メール
(写真=Isaaack/Shutterstock.com)

1996年、クリームの販売を機に大ブレイクを果たしたドゥ・ラ・メール。

ドゥ・ラ・メールの原点となったのは、米国の航空宇宙物理学者マックス・ヒューバー博士の、自然に対する探求心です。実験中に火傷を負った博士は、海がもつ癒しの力を借り、独自のクリーム開発に挑みます。

博士が着目したのは、細胞再生効果の高いシーケルプ(コンブ科の海藻)と天然原料を発酵させるという手法です。博士は12年間で6,000回もの実験を経て、「ミラクル・ブロス」と呼ばれる独自の美容保湿成分を完成させました。

同ブランドのベストセラー商品のクリーム、クレーム ドゥ・ラ・メールに欠かせないものとなるこの成分は、博士の肌を潤いと弾力に満ちた健康的な状態へと生まれ変わらせることに成功したのです。現在、ミラクル・ブロスには、バンクーバー島沖の手つかずの海で、環境を保護するために手摘みされたジャイアント・シーケルプが使用されています。

ジャイアント・シーケルプは、並外れた自己再生力を備えた世界で最も成長の早い植物のひとつで、ビタミンやミネラル、その他の天然成分と共に3~4ヵ月もの月日をかけ、ゆっくりと発酵させます。発酵プロセスを活性化させる目的で、光と音のエネルギーを取り入れている点もユニークです。

また、時代を超えてオリジナルレシピを受け継ぐために、ひとつ前のバッチ(製造分)のミラクル・ブロスを少量、新たなバッチに注入するという手法がとられています。こうしたこだわりや想いがあるからこそ、ミラクル・ブロスはすべてのドゥ・ラ・メール製品の原点となっているのです。

世界中のセレブを魅了する奇跡のクリーム

乾燥肌や敏感肌の救世主と称えられるクレーム ドゥ・ラ・メールは、贅沢な成分と濃厚なテクスチャーで肌に潤いと栄養分を閉じ込め、外的刺激から守ることで、透明感溢れるキメの整った肌へと導きます。

クリームは30ミリリットルで2万円以上と高額ですが、「美」に対して厳しい目を持つ、数々のセレブや美容関係者のお墨付きです。

ビヨンセ、マドンナ、アンジェリーナ・ジョリー、キム・カーダシアン、ヴィクトリア・ベッカム、ブラッド・ピット、トム・クルーズといったハリウッドセレブから、国内の芸能人まで、愛用者は後を絶ちません。

ドゥ・ラ・メールの最高峰、8万円超えの美容液

ドゥ・ラ・メールはクリームの他にも、フェイスからボディ、メイクアップまでトータルでケアできるラインアップを揃えています。

例えば、同メーカーの最高峰と謳われる「ジェネサンス・ドゥ・ラ・メール・ザ・セラム エッセンス(Genaissance de la Mer The Serum Essence)」は、容量30ミリリットルで8万2,500円(税込)という贅沢な価格。

しかし、クリスタル ・ミラクル・ ブロスと呼ばれる、究極の肌再生成分が配合されており、シワやくすみといった肌の衰えを改善してくれる効果が期待できる――と聞くと、自分へのご褒美として試したくなるでしょう。

クリスタル ・ミラクル・ ブロスは、マックス・ヒューバー・リサーチラボの研究者が、ミラクル・ ブロスのビーカーに形成された結晶を発見し、実験を重ねて再現した新成分です。

長年にわたる研究から生まれた高度な技術や知識を用い、自然の治癒力を最大限に引きだすことで肌本来に備わる美しさや輝き、若々しさを演出する――ドゥ・ラ・メールは、年齢や性別に関係なく、ワンランク上の自分を目指す人々の憧れのブランドです。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力